墨付け・刻み

2018.05.08 Tuesday

0

    皆さまこんにちは。

     

    現在、弊社では墨付け(すみつけ)・刻み(きざみ)を

    行っております。

     

    現在は機械加工、またの名をプレカット加工で、

    柱(はしら)や梁(はり)の接合部分をつくるのが

    主流になってしまいましたが…

     

    手作業で新築まるまる一棟分を

    墨付けをし、刻む、

    まさに職人の腕を振るっています!

     

    墨付け(すみつけ)とは、

    接合部分の加工をするために印をつける作業です。

    正確な墨付けにより正確な接合部を加工する事が出来ます。

     

    しっかりと確認をしながら、

     

     

    墨付け(すみつけ)を行い…

     

     

    ↑写真だと良く見えませんが、墨のついた糸を放す瞬間です。

    こうしてまっすぐな線が引けるのです。

    ※とある企画の為、特別にカメラマンさんが入っております。

     

    そして、刻み(きざみ)を行っていきます。

     

     

    ひとつひとつ丁寧に…

     

    それぞれの形に接合部をつくっていきます。

     

     

    それぞれ場所ごとに印をつけて、

    間違えないように…

     

    これを現場に搬入して組み上げます。

     

    弊社ではこれからも状況に応じて手作業の、

    墨付け・刻みを行い、

    伝統の継承をもしていけたら…と考えております☻

     

    それではご観覧ありがとうございました。

     

    youhomes 上村のぞみ

    スポンサーサイト

    2018.09.27 Thursday

    0
      関連する記事
      コメント
      コメントする